アルバイトで陰口を聴いた話

僕はいつも暗い場所で生きてきたからきっと影も楽だったろう僕についた彼女の影がゆっくりと彼女の元に帰って行く本当にありがとうございましたお礼を言う女性の目をまともに見れない僕はご主人様の所に向かった影に手を振ったもうご
主人様を心配させんなよ僕はそう言って部屋のドアを閉めようとしたその瞬間女性があのと僕に声をかけたお疲れ様ですアルバイト先のスーパーで商品の陳列を終えた僕がバックヤードに入ると先に休憩に入っていたらしいおばちゃん達の
ヒソヒソ話が聞こえたその内容が聞きたいと思っていないのに聞こえてしまうまったくおばちゃんたちのかんというのはすごいなと思ったおばちゃん達のヒソヒソ話の話題はどうやら僕にちらつき始めた女性の陰についてのようだった